2017年11月17日

瞬間まで精一杯

田舎の旧友が亡くなった事を知り事務所でぼんやりしていた。突然、FAXが入り、得意先の社長のお母様がお亡くなりになり、お通夜と告別式の通知だった。社長 phd hong kong のお母様とは面識があった。すぐに親しい古参社員から電話が入り、山梨市での告別式に行く事を告げた。

 明朝午前9時前に家を出て、東武線、ツクバエキスプレス、JR武蔵野線、JR中央線、最後は高尾駅で各駅停車に乗り換えた。相模湖や上野原、大月などを通過するにつれ、赤、黄色、オレンジの見事な紅葉風景が続いていて、思わぬプレゼントにしばし心が晴れた。トンネルを抜け勝沼に入ると、盆地に溜まった低い雲海に山裾は隠れ、紅葉した葡萄畑が雨に濡れて静かに伏せていた。 

 午後12時30分。電車を4回乗り換え3時間半かけて山梨市に着いた。醫研美ホームで同じ電車に乗っていた得意先の社員らと会い、タクシーに分乗し告別式会場に向かった。

 母上様の葬儀は神道による神葬祭でした。焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)というのを行いました。玉串とは紙垂(しで)と言われる白紙を榊(さかき)の小枝に付けたもので、これを霊前に捧げて二礼二拍手一礼しました。食事会では懐かしい顔と再会することができました。大恩人でも電子療法ある社長の人徳でしょう。良い葬儀というのがあるとすればこのような葬儀なのではと思いました。神葬祭は午後一時から始まり四時半頃に終了。帰りは古参社員らと四人で昔話に興じつつ、準急にて新宿まで行き散開し帰宅しました。

 故郷の家では仏壇と神棚があり、祖母は毎朝、仏壇と神棚のお供えを欠かしませんでした。今は神棚のある家は珍しくなりましたが、昔から日本人は神仏共存する生活をしていたわけです。お寺も神社も分けへだてなく参拝する日本人のおおらかさ。これは大事なことだと思っております。

 それにしても友人知人の訃報を多々知る年代になってしまいました。いずれ我身。その瞬間まで精一杯生きるしかありません。ファイト!であります。




Posted by cindy1232  at 17:07 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。